チョークコイル

方向性電磁鋼帯を用いた巻コアを主体に特許技術である
サイドギャップ工法やバンクコイル工法を用い、
様々な用途に対応した製品をご提供します。

特長

機械巻線を用いたトロイダルチョークコイルの究極!

モールドコア
薄板ケイ素鋼板巻コアから一体成形まで自社一貫生産することにより高性能・高品質コアを安定供給
サイドギャップ (特許工法)
磁気ギャップ位置を工夫しコイル組付けに利用することでトロイダルチョークコイルの機械巻線化を実現
バンクコイル (特許工法)
機械巻線により構造的に線間電位差を抑制し高耐圧で低浮遊容量なレアショートフリーの高機能コイル
D型形状コア (特許技術)
太線対応で電流定格範囲を拡大させた2段ギャップ構造を採用することで低漏洩磁束化を実現し電力損失や周辺機器へのノイズ影響を軽減
マルチピッチリードフォーミング
ユーザー様の取付寸法に合わせた任意なピッチの高精度設定が可能

  • ●ケイ素鋼トロイダルコアの優れた特性を継承し小型・低損失
  • ●ダストコア、フェライトコアを使用し高周波帯域も対応可能
  • ●巻線の自動化による信頼性向上
  • ●バンク巻による浮遊容量低減で周波数特性が向上、また巻線間の電位差も最小化

構造

Dコア形状チョークコイル構造

構成

サイドギャップDコア

外観

台座無し横型タイプ例

サイドギャップコアへのコイル挿入イメージはこちら>

Dコア+インサートコアのトロイダルコアに対する漏洩磁束優位性

従来

磁気シミュレーション

センターギャップ(トロイダルコア)

Dコア

磁気シミュレーション

2段ギャップ(Dコア+インサートコア)

用途

  • ●各種電源回路用ノーマルモード・ラインフィルター用チョークコイル
  • ●スイッチング電源出力平滑回路用チョークコイル
  • ●力率改善(PFC)回路用チョークコイル、各種高周波駆動回路用チョークコイル

詳細情報

製品例

製品品番 コア品番 コア材 コイルサイズ
(mm) ※1
巻線(mm) インダクタンス(μH) ※3
W1 W2 D 線径 ※2 L(0A) 直流重畳時
L 電流(A)
DTS24-N14125HG D241410 けい素鋼板 32 35 20 Ø1.4
(Ø0.8~Ø2.0)
125 120 10
DTS30-N16315HG D301815 38 41 24 Ø1.6
(Ø1.0~Ø2.2)
315 300 15
DTS34-N18300HG D342020 42 45 29 Ø1.8
(Ø1.2~Ø2.4)
300 285 20
DTS40-N20385HG D402325 48 52 35 Ø 2.0
(Ø 1.4~Ø 2.6)
385 370 25
DTS45-N22420HG D452530 56 60 42 Ø2.2
(Ø1.6~Ø2.8)
420 390 30
DTS50-N24450HG D502735 64 68 50 Ø 2.4
(Ø 1.8~Ø 3.0)
450 420 35
  • ※1 上記「製品例」で示す数値は台座無し品を用いた計算値であり、保証値ではありません。
  • ※2 ( )内は機械巻線可能な鋼線径範囲を参考記載しております。
  • ※3  使用周波数はけい素鋼板:~10kHzと仮定し、インダクタンス測定周波数は1kHzです。

横型 台座無しタイプ

横型 台座無しタイプ

縦型 台座付きタイプ

縦型 台座付きタイプ

D形状コアシリーズ ALグラフ

D形状コアシリーズ ALグラフ

別仕様

トロイダルダストコアを用いたチョークコイル構造特許出願済

構成

部分切断したコアをコイル挿入後にギャップレス復元

60-80°切断(新工法)コイル&切断コア挿入(新工法)

外観

縦型仕様横型仕様

トロイダルダストコアタイプ事例