リアクトル

リアクトル

磁気効率の良いカットコア構造により漏洩磁束が少なく、分散ギャップ磁気回路により渦電流損を抑えて高効率を実現しています。

特長

SHTハイブリッドリアクトル!

分散ギャップの採用

ギャップを分散させることで磁束の集中を低減

SHTハイブリッドリアクトル!

●方向性電磁鋼帯(ハイビー材)で小型、軽量化
●お客様のニーズに対応した低騒音、高効率の最適設計
●多段ギャップ構造により磁束の集中を低減
●Cコア・Iコアに異種磁性材を組み合わせたハイブリッドリアクトルで多種の要望に対応(組み合わせ例:Cコア-アモルファス、Iコア-方向性電磁鋼帯)

バンクコイル (特許工法)

・巻線間の電位差が極めて少ない
 ⇒ 信頼性・安全性の向上
・浮遊容量(Cs)を大幅低減
 ⇒ 従来比1/10以下を実現
・共振周波数高域化、インダクタンス値高域安定
 ⇒ SW電源の高周波駆動に最適

ハイブリッドコア (独自工法)

・最適コア材で設計が可能
 ⇒小型軽量化・低損失化を実現
・高周波低損失材との組合せ
 ⇒お客様ニーズ(高周波化)の対応を可能に!

新評価装置の導入

・実装特性(損失、騒音)の自主評価が可能
⇒ お客様の評価時間の短縮を図る

要素技術

バンク巻線

バンク巻線

特性

高域特性良化

特性高域特性良化

ハイブリッドコア

ハイブリッドコア
  • Iコア
    【使用材料】

    ・方向性電磁鋼帯
    ・無方向性電磁鋼帯
    ・ダストコア

  • ハイブリッドコア
  • Cコア
    【使用材料】

    ・方向性電磁鋼帯
    ・無方向性電磁鋼帯
    ・ダストコア

※ハイブリッド…異種磁性材の組み合わせ

icon

ハイブリッドコア
最適化 icon お客様のニーズに対応した低騒音、
高効率の最適設計
小型、
軽量化
icon 高磁束密度の箔体磁性材で小型、
軽量化(従来比△15%)
多段
ギャップ構造
icon ギャップからの漏れ磁束の低減
 ⇒過電流損失低減

評価技術(特性、騒音)

新評価装置の導入

新評価装置の導入

評価例

  • 実装試験結果
    実装試験結果
  • 騒音試験結果
    騒音試験結果

評価例

画像解析事例

開発品の特性例

  • コアロスの周波数特性

    コアロスの周波数特性
  • リアクトルの損失(f=25kHz)

    リアクトルの損失(f=25kHz)

商品ラインナップ

型番 コア材料 参考出力量
@20kHz
標準外形サイズ(W×L×H) 新リアクトル
W(mm) L(mm) H(mm) ①VA版 ②高性能版
[1] BS2010 [Cコア]アモルファス
[Iコア]ダストコア
(鉄系/合金系)
1~2kW 50 60 35
[2] BS2013 2~3kW 65 70 45
[3] BS2513 3~5kW 75 80 55
[4] BS2516 4~9kW 90 95 60
[5] BS2516A 6~10kW 90 115 60
[6] BS4012 10~15kW 95 110 80

○ : 開発中    : 金型起工検討中